ある方のレビュー

林栄一の初リーダーアルバムだというが、ほんとかなあ。だとしたら、初リーダー作にして、林栄一は完璧だったということになる。もうなにもつけくわえる必要のない表現だ。86年ピットインでのライ。林栄一、国仲勝男、小山彰太という鉄壁の布陣で、じつに骨太で豪快でストイックでシビアな即興が展開される。とくに国仲のベースが圧倒的に凄くて、もう茫然自失。林のサックスもめちゃめちゃすごい。もちろん小山さんのドラムも安定してなおかつ凄いのだ。面面それぞれ一曲ずつだが、ほんとうに三人の即興をどっぷりという感じで堪能できる。しかし、まったくダレたり、飽きたりする瞬間がないなあ。たいしたもんである。これを世に問うたレーベル主はえらい!あまりにおいしい部分が多すぎて、今日も焼酎を飲みながら、ずーーーっとスピーカーのまえで微動だにせず聴き入ってしまった。このアルバム、になっているのかなあ。もしなっていないとしたら、とんでもないことだ。林栄一ファン、国仲勝男ファンは、あらゆる努力を本作を入手して聴かねばなりませんよっ。でも、まえこれだけの内容なのだから、にはなっているだろうなたぶん。結局、こういうタイプの演奏がい\xA4

舛个鷙イ④覆里澄N匹ぐ嫐◀妊献礇困糧琛鬚劼④困辰燭茲Δ淵侫蝓次△弔泙螢侫蝓璽献礇困❶\xA3